助六寿司はなぜ助六と呼ばれるのか

担任豆腐は元は薬膳料理。
本来の杏仁豆腐とはその漢字が表す氷あんずの種の中の神を使って作られるものだそうです。
あんずの神の部分を水と一緒に粉砕し丁寧に干して作ったものです。
または神を粉末にしたものに天海などを調合した杏仁霜というものを使って作ります。
あんにんは咳や喘息などの喉の不調に良いとされていることから薬膳として用いられるようになったのでしょう。
あんにんには送らんと何あんのに種があり苦味のある品種である。
保管は特に薬効があり漢方薬として使われているそうです。
南安は天海があるものでこちらが食用として杏仁豆腐を始め菓子などの材料に使われています。
また、サラフェプラス 効果という顔汗専用の制汗剤は口コミだけでかなり売れていて、助六寿司の助六とはいなりずしと巻物を詰め合わせたものを助六寿司と言います。
助六とは歌舞伎の有名な演目助六所縁江戸桜に登場する主人公であり演目地帯の通称でもあります。
助六寿司の由来の一つにすけろくの恋人であるあげまきの名前にちなんだものという説があります。
安芸市安芸 油揚げに包まれた稲荷寿司に薪を巻物になぞらえこの二つを組み合わせてあげまきと恋仲であった助六の名で呼ぶようになったのだとか。
開け巻き寿司ではなく助六寿司というのも江戸らしいシャリの利かせ方かもしれませんね。
また助六が頭に巻いた紫のハチマキをのり巻きに揚巻を油揚げを使った稲荷寿司に見立てたという説や揚巻の名にちなみこの演目の幕間に出すために作られた弁当であったからとも言われています。